韻とことば

時折、韻を踏みます。

 

母音で音を合わせる心地よさとそれらの言葉を繋げた時のストーリー性の組み合わせに心惹かれいつしかラップをばかりを聞くようになりました。

 

色んなものを目で見て感じて、それを様々なことばの形で表現できればと思っています。

 

「ことば」の魅力を最近は多く感じています。